イラスト動画を作ろう 自分で描いた絵を利用した動画作り学習サイト

スーツ姿を描く

さて、前回のページまでは洋服はワンピースでしたが雰囲気を変えてスーツ姿を描いてみます。

まずは俯瞰(ふかん)の視点です。

ws_000000001730_1  

次は視線は外に向けます。

ws_000000001731_1

出来上がった二枚のイラストを並べると歩いていた先に何かを見つけた様子が表現できます。

スーツ姿の顔のアップ

 

顔は正面を向いた状態のアップの表情を描いてみます。

①アップ基本画像。視線はモデルから見て右側に少し向いてます。

ws_000000001732_1  

②右側を見ていた視線を今度は右斜め上方向に描きます。

ws_000000001733_1

③視線はそのままで口を少し開けて笑みがこぼれているように描きます。

ws_000000001734_1

④右上の目線と口を少し開けて笑みを浮かべているのはそのままで前髪を少し動かして風の流れを表現します。

ws_000000001735_1  

完成させたイラストを①②③④③④と並べましたら、視線は右斜め上を向いたまま動かさず前髪だけ動かした画像を用意して風が流れる様子を表現します。

スーツ姿の顔を見上げた時のアップ

今度は「あおり」と呼ばれる顔を見上げた視点での描き方になります。

あおりの視点では顔は上方向を向いて前髪を動かしてこれからの未来に向けて前向きな表情を描きます。

ws_000000001736_1  

もう一枚はこれまで同じく前髪部分だけ動かす事で風の流れを表して時間経過を描きます。

ws_000000001737_1

後は一枚目と二枚目を1セットとしてムービーメーカーに4セット程並べれば完成です。

 

ここまで作ってみましたが、普段着に比べて違った印象も与えるのでさらに作品の幅が広がったと思います。

 

様々な場面に合わせた服を着て色々演出してみても楽しいと思いますのでご自身の考えたコーディネートも余裕が出てきましたらデザインしてみても面白いと思いますので是非チャレンジしてくださいね!

 

キャラクターのアニメーションを学習して頂きましたので次のページでは景色を描いてみます。

トップページにもどる