イラスト動画を作ろう 自分で描いた絵を利用した動画作り学習サイト

パスを使って画像の修正を行う

前の記事では矩形選択を使った画像の編集方法でしたが今回の記事では「パス」と呼ばれるものを利用して画像の修正を行います。

パスはどういったものなのか簡単に説明致しますと、GIMPのような画像編集ソフトで点を画面に表現する際にはソフトによって様々な最小単位で表わされますが、その最小単位の中の一つにパスがあります。

画面に表現される最小単位の中には同じく「ピクセル」がありますがピクセルはパスとは異なる数式で表現されております。

パスで表現される点はピクセルの数式で表される点よりはっきりと表現されるといった特徴がございますので色を塗る場合や修正を行うといった作業範囲を正確に囲む場合に大変向いております。

というのがパスの特徴であり、編集を行う上で利用する理由になります。

その特徴を踏まえまして画像を修正する場合は修正を行いたいと思う範囲を点(パス)で囲み、その点同志を線で繋げれば選択範囲と同じように囲んだ範囲のみ修正を施す事が出来ます。

イメージ的には矩形選択は四角なので「真四角の範囲の修正」を行うのに対し、パスは修正を行いたい箇所に合わせて様々な形に変える事ができるので「変幻自在の修正」と言った所でしょうか。

色々説明を行いましたが最初の内はなかなかイメージするのも難しいと思いますので実際に修正を行って感覚を掴んで行きましょう。

パスツールを利用する

矩形選択の記事の所でも説明致しましたGIMPの作業画面の左側にある①「ツールボックス - ツールオプション」に同じく注目してください。

ws_000117_1

パスもこのウィンドウ内にあるアイコンを選択します。

ツールボックスのウィンドウの上部にアイコンが並んでおりますが、②ペンの描かれた「パス」アイコンをクリックします。

そうしますと③ポインタが変わりますので修正を行いたい箇所の起点となる所をクリックします。

ws_000233_1

このクリックした所をパスと呼びます。

修正を行いたい所を次々と点を打つようにクリックしてください。

すると上の画像のようにパス同志が線で繋がり表示されました。

ですがこの状態では線で繋がっているだけで何の効果も与える事は出来ません。

そうしましたらメニューバーをご覧いただきまして④「編集」を選択後⑤「パスを選択範囲に」ボタンを押します。

ws_000241_1

このボタンはパスで囲んだ範囲に様々な効果を与える事が出来るようにする為のボタンです。押した後は上の画像のように点線で示され、この状態になってはじめて選択範囲内に様々な効果を与える事が出来ます。

ws_000244_1

上の画像のように点線で示されて「選択範囲」になりました。

選択範囲が表示されましたので画像ウィンドウのメニューバーにある⑥「編集」にカーソルをクリックします。

ws_000257_1

そうすると項目が並びますのでその中にある⑦「削除」を押します。

ws_000270_1

選択範囲に写り込んでいたごみ等が消えて綺麗になりました。

最後にパスの選択範囲を示した点線が邪魔ですので画像ウィンドウのメニューバーにある「選択」をクリックし、項目にある「選択を解除」を押せば点線で示された選択範囲は解除され、さらに同じくメニューバーにある「ツール」を押してその下に表示される「パス」をクリックすればパスも解除されます。

というわけでここまで画像の修正を少しずつ行ってきましたがいよいよ作業も大詰めです。

次の記事ではさらに画像の気になる所をいくつか修正して画像の編集作業の総仕上げを行いたいと思います。

トップページにもどる