イラスト動画を作ろう 自分で描いた絵を利用した動画作り学習サイト

イラスト動画を作ろう> GIMPを利用して画像の調整を行う> 矩形選択を使って画像を修正する

矩形選択を使って画像を修正する

前のページは色レベルを利用してシャープペンシルで描いた薄くて見辛かった線を鮮明にして行く方法でした。

今回の記事ではスキャナーでスキャンした時に生じた紙面の凹凸やゴミを部分的に修正を行う方法を説明致します。

ws_000148_1  

上の画像の様に色レベルで調整した画像はよく見てみると丸で囲んだ箇所のように黒い影やゴミといったものがありますので修正を行う必要がございます。

そこで有効的なのが「矩形選択(くけいせんたく)」と呼ばれる機能です。

矩形選択は全体ではなくある一部分だけに修正を行いたい場合に向いている方法で画像の編集作業の他に色々使いどころがありますのでぜひ覚えておきましょう。

それでは画像ウィンドウに「スキャンして見辛くなった画像をGIMPで編集する」の記事の所で色レベルの調整を行った画像ファイルを開いて表示させます。

そうしましたら今度は作業画面の左側にある①細長いウィンドウに注目してください。

ws_000146_1

このウィンドウは「紙面に描いた絵をGIMPに取り込む」の所でも少し触れましたので覚えていらっしゃる方も多いと思いますが「ツールボックス - ツールオプション」と呼ばれるウィンドウです。

ツールボックスは文字通り「道具箱」、または「工具箱」といった意味です。

ツールボックスのウィンドウの上部には様々なアイコンが並んでおりますが、画像に修正や文字を書き込むといった編集作業を行いたい場合には該当する作業のアイコンをクリックしてポインタを変更させて、ご希望通りの編集作業を行う事が出来ます。

「ツールボックス - ツールオプション」役割を理解して頂いた所で画像の修正を実際に行ってみましょう。

矩形選択を使って画像を修正する

画面の影やゴミを消したいと思いますので左の「ツールボックス - ツールオプション」ウィンドウにある四角い点線で示された②「矩形選択」アイコンをクリックしてください。

ws_000157_1

そうしましたらポインタでクリックした所を起点にして四角く囲めるようになりますので③修正を行いたい箇所の始まりを左クリック。④そのまま修正を行いたい範囲にポインタをドラッグ&ドロップします。

ws_000136_1

すると画像のように⑤点線で示された四角の角に小さな四角が付いた選択範囲が表示されます。

この範囲を「矩形選択範囲(くけいせんたくはんい)」と呼びまして、この範囲内に様々な効果を与える事が出来ます。

今回の記事では画像に写り込んだ影やゴミを消すのが目的ですので矩形選択範囲が既に指定されておりますので⑥マウスの右クリック。

ws_000169_1

クリック後メニューバーと同じ内容の項目が表示されますので⑦「編集」にカーソルを合わせます。

そうするとずらりと項目が並びますのでその中にある⑧「削除」を押します。

ws_000184_1

これで矩形選択されていた箇所は影や紙面のごみなどが綺麗に削除されました。

最後に画面の矩形範囲の点線が邪魔ですので画像ウィンドウのメニューバーにある「選択」をクリックし、項目にある「選択を解除」を押せば点線で示された矩形範囲は解除されます。

ws_000184_1  

矩形選択を解除しましたら白くて解り辛いと思いますが削除した所が真っ白に修正されたと思います。

さて、ここまで画像の修正作業を行って頂きましたがまだ終わりではございません。

次の記事では矩形選択とは違った別の方法で画像の気になる箇所を修正して行きたいと思います。

トップページにもどる