イラスト動画を作ろう 自分で描いた絵を利用した動画作り学習サイト

目の処理を行う

さて前のページまでで顔の影の部分を含めた肌を仕上げて頂きましたので今度は目の部分に色をつけたいと思います。

目は顔の印象を決める上でかなり需要なパーツですので特に気合を入れて作業を行います!

結膜の部分を塗る

まずは目の白目とも言いますが「結膜(けつまく)」の部分を塗って行きます。

Ⅰ「結膜」、Ⅱ「白」、Ⅲ「dcd8d8」。

ws_000000000348_1

眼球のカーブを意識して上端に影をつけて行きます。

モデルから見て右側の目も下の画像を参考に塗ってください。

ws_000000000366_1

右目も仕上がりましたら完了です。次は角膜部分を塗って行きます。

角膜の処理

目の白い部分を塗って頂きましたので今度は黒目とも呼ばれる「角膜(かくまく)」を塗ります。

角膜の中心に「瞳孔(どうこう)」がありますので色を塗る場合は瞳孔を塗る前にその周りにある角膜を仕上げておくといったイメージです。

目の構造も複雑ですが一度覚えてしまえば案外簡単に色を塗れるようになりますのでしっかり覚えてくださいね。

角膜を仕上げる作業手順。Ⅰ「角膜」、Ⅱ「白」、Ⅲ「745f4f」。

エアーブラシで角膜全体に色をつけてください。

ws_000000000513_1

終わりましたら次は影の処理です。

角膜の影。Ⅰ「角膜」、Ⅱ「白」、Ⅲ「3e332b」。

ws_000000000540_1

眼球自体球体に近い形をしておりますので白い線で囲まれた所を前に仕上げた結膜の影に合わせるように丸味を持たせるように塗ります。

瞳孔の塗り方

瞳孔は角膜の中心にある黒丸の部分です。

瞳孔のベース色Ⅰ「瞳孔」、Ⅱ「白」、Ⅲ「1d1818」。

ws_000000000568_1

角膜の中心にある黒丸(白い線で囲まれている部分)を塗ります。

瞳孔は「ツールボックス - ツールオプション」にある楕円選択を使って瞳孔部分を黒く塗ると楽です。

塗り終えましたら角膜の筋のように見える部分「虹彩(こうさい)」を仕上げます。

Ⅰ「虹彩」、Ⅱ「白」、Ⅲ「ada6a1」。

 

この時、虹彩の線を引きやすいように角膜の影のレイヤーの瞳のアイコンをクリックして消しておきましょう。

瞳孔の中心から放射状に伸びるように線を引きます。

ws_000000000616_1

引きましたら右目も同じように仕上げましょう。

ws_000000000629_1

仕上げましたら瞳のアイコンを戻して虹彩に明るい効果を施します。

 

Ⅰ「虹彩」、Ⅱ「透明」でモードは乗算ではなく標準、Ⅲ「b8957b」。

 

これ以降Ⅱのレイヤーの塗りつぶし方法は「透明」に設定した場合、モード:標準で行ってください。

虹彩の下半分の線に重ねるように指定した色をエアブラシで重い印象にならないようにさっと塗ります。

ws_000000000629_1  

右目も左目と同じような感じで色を軽くのせる感じで仕上げてください。

ws_000000000629_1  

最後は角膜に戻って淵を黒く塗ります。

 

Ⅰ「角膜」、Ⅱ「白」でモードは標準ではなくいつもの乗算、Ⅲ「0f0c0c」。

 

両方の角膜の淵を塗ります。

ws_000000000634_1  

右目は下の画像のような感じになります。

ws_000000000635_1

目の処理が長く続きましたが次のページでもう少し続けて行きます。

トップページにもどる